上諏訪温泉親湯

スタッフブログ

しんゆの最新情報をお届けいたします。
神秘なる諏訪湖で作られる、
最高の美と癒しの空間をあなたに…

諏訪湖博物館・赤彦記念館「江戸の掲示板―高札」

2015年04月26日 /

下諏訪町の諏訪湖博物館・赤彦記念館では、
江戸時代に幕府や藩が法令などを周知するために掲示した、
墨書きの掲示板「高札」を紹介した
特別展「江戸の掲示板―高札」を開催中です。

本展は、今年の3月に江戸時代の中山道下諏訪宿にあった「高札場」を
諏訪大社下社秋宮の近くの
国道142号大社通り沿いに復元されたのを機に企画されたもので、
『高札』大小約30点が展示されている他、
下諏訪町にあった高札場を示す絵画が初公開されています。

展示されている『高札』は、
どれも江戸から明治時代まで長野県内外で掲げられていたもので、
大型サイズ(横163センチ、縦53センチ、厚さ3.3センチ)の、
1868(明治元)年の「郷村脱走禁止」は、脱走は罪になり、
農商の奉公人が脱走した場合は主人の落ち度になる―と記されています。

諏訪湖博物館によると、
「親子兄弟札」「毒薬札」「駄賃札」「キリシタン札」
「火付札」などが基本的な高札で、
明治政府も掲示されていましたが、情報量が多くなり、
1872(明治6)年に廃止されたそうです。

初公開されている中村勝五郎が描いた「文久の絵画」は、
1861(文久元)年に徳川14代将軍家茂に降嫁する
皇女和宮が下諏訪宿で宿泊した場所や、
高札場も記録されていて、
幕末には高札場が大社通りにあったことが分かる史料となっています。
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=34039

■開催期間 :2015年6月14日(日)まで
■会場   :諏訪湖博物館・赤彦記念館(下諏訪町西高木10616-111)
■開館時間 :午前9時~午後5時(入館午後4時30分まで)
■休館日  :月曜日、祝日の翌日
■入館料  :大人350円 子供170円
■お問い合わせ :諏訪湖博物館・赤彦記念館 TEL 0266-27-1627

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

SUWAガラスの里「郷土の作家コーナー」登場

2015年04月25日 /

諏訪の新たな観光スポットを目指し、
「SUWAガラスの里」のエントランスに、
地元の作家が制作した大作を展示する「郷土の作家コーナー」が登場しました。

諏訪市末広にある岩谷画廊がプロデュースを担当し、
年間を通してさまざまな作家の作品が展示されます。

コーナーは約3カ月ごとに作家が変更される予定で、
初回(6月まで)は「諏訪を描く展」で
人気投票第3位に輝いた茅野市玉川の画家、
小林定夫さんの油彩点描画3点が展示されています。

80号サイズの「甲斐駒ケ岳」は完成までに1年近くかかったそうで、
点を何十にも重ねることで
色合いや風景を描き出されている作品となっています。

「郷土の作家コーナー」に展示されている作品は、
どなたでも無料でご覧いただけます。
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=34032

「郷土の作家コーナー」に関するお問い合わせは、
SUWAガラスの里(TEL 0266-57-2000)までお願いいたします。

諏訪地方で生まれた素敵な作品を
ぜひご覧になっていただければと思います。

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

二十四節気 和会席「美湖膳」夏メニュー

2015年04月24日 /

二十四節気 和会席「美湖膳」
2015年度の夏メニューをアップいたしました。
http://www.kamisuwa-shinyu.com/kondate/15natsu.html

立夏(5月6日)からの
新メニューでございます。

1.前菜
美湖膳2015夏メニュー
■美菜五種盛り合わせ

鮪のくんせいとアボカド豆腐
鯵と寒天サラダ
北海蛸のマリネ
サーモンのスモーク

2.椀物
美湖膳2015夏メニュー
■信州美味スープ
冷製かぼちゃのスープ

3.魚料理
美湖膳2015夏メニュー
■季節の魚介和風皿
白身魚の野沢菜味噌焼き

4.中皿
お蕎麦
八ヶ岳産蕎麦粉を使った自家製蕎麦

5.旬菜/二十四節気 時彩物語
美湖膳
古より伝わる暦“二十四節気”に準じて、その時期ごとの旬を再現しております。

立夏 : えんどうまめの葛ひき
小満 : 肉じゃが
芒種 : ぜんまいの炒め煮
夏至 : 鱸のあらい
小暑 : 青唐辛子炒め煮
大暑 : 甘藷煮

6.珍味 美湖彩珍
美湖彩珍
諏訪の素晴らしさを再確認していただける上質な食 材で彩られた珍味。
時季に合わせてご案内致します。

諏訪湖産 手長海老の唐揚げ
佐久産 鯉肝
信州産 姫鱒のスタッフドエッグ
安曇野産 山葵チーズのカナッペ

7.火の物
美湖膳2015夏メニュー
■黒毛和牛と科乃豚のしゃぶしゃぶ鍋
お薬味四種、ポン酢と胡麻ダレ

8.お食事
〆のおうどん しんゆ風 もしくは 白米

9.香の物
自家製お漬物

10.水菓子
美湖膳2015夏メニュー
■季節のデザート
グレープフルーツの寒天寄せ
草もち添え

※アレルギーについて
上諏訪温泉しんゆでは、お客様のアレルギーへの配慮もしております。
ご予約後、お電話やメールにて食べられない食材をご連絡いただければ、
配慮した料理メニューに随時変更させていただいております。
ご遠慮なくお申し出くださいませ。

個室料亭『料亭 美湖』にて、
お寛ぎいただきながらお召し上がりいただけます。

地産池消の美食和会席をぜひ
ご賞味くださいませ。

ホテル親湯
大橋

カテゴリー: お料理, スタッフブログ

イルフ童画館 フランスの絵本の企画展

2015年04月23日 /

_MG_1825

岡谷市中央町のイルフ童画館では、
企画展
「ボンジュール!フランスの絵本たち―カストール文庫やババール絵本の誕生を中心に」
を開催中です。
http://www.ilf.jp/exhibition/archives/000459.html

フランスの絵本史に大きな一歩を記した
美しい絵とともに学びながら遊べる
絵本シリーズ「カストール文庫」に焦点をあて、
前期と後期の二部構成で、
展示品が総入れ替えされます。

前期(5月11日(月)まで)では、
ナタリー・パラン作「こんにちは こんばんは」「お面をつくる」、
エレーヌ・ゲルティック作「楽しい日」など、
初期の文庫を受け持った8作家16作品の原画約90点が展示されます。

後期(5月14日(木)~6月15日(月))では、
カストール文庫と同時期に出版され
ミリオンセラーとなった
絵本「ゾウのババール」(ジャン・ド・ブリュノフ作)を中心に、
「水曜日」(アンヌ・ベルティエ)など現代までのフランス絵本が紹介されます。

また、「武井武雄と観察絵本キンダーブック」展も同時開催中です。
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=34015

・開催期間 :2015年6月15日(月)まで
・入館料  :大人500円 中高生300円 小学生150円
       ※前期・後期共通入館料1,000円(カストール文庫の絵はがき付)もあり。
・休館日  :水曜日
・お問い合わせ :イルフ童画館 TEL 0266-24-3319

会期中の5月8日は武井武雄さんが“童画”という言葉を発表した日で、
岡谷市では『童画の日』と定められていて、
この日に来館された方には、記念品のプレゼントがあるそうですよ。

可愛くて、メルヘンチックな絵本の世界を
ぜひお楽しみいただければと思います。

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

GWに楽しむ蓼科山聖光寺の桜

2015年04月22日 /

蓼科山聖光寺 桜

蓼科山聖光寺 桜

蓼科山聖光寺 桜
(写真はいずれも昨年の風景)

蓼科高原にある蓼科山聖光寺の桜は、
現在、つぼみの状態で、
見頃は5月の上旬頃と予想されます。
http://www.nagano-tabi.net/modules/season/sakuradayori.html?HypEncHint=%E3%81%B7&junleid=&areaid=04&order_key=&order_val=

開花に合わせ、日没から21時まで
ライトアップされる予定です。

また、5月6日(水)午前11時から
「蓼科高原桜まつり」にて、
豚汁のふるまいなどもございます。
http://www.tateshina-shinyu.com/news/?p=6203

ちょうどGWの頃に蓼科山聖光寺で、
そして、翌週あたりに姉妹宿【蓼科温泉ホテル親湯】の宿周辺で、
5月の桜をお楽しみいただけそうです。

ぜひ、今年のGWは、
蓼科高原の春をお楽しみくださませ。

蓼科山聖光寺は、
姉妹宿【蓼科温泉ホテル親湯】よりお車で約5分、
当館【上諏訪温泉 しんゆ】よりお車で30分ほどの距離でございます。

ホテル親湯
大橋

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報