上諏訪温泉親湯

スタッフブログ

しんゆの最新情報をお届けいたします。
神秘なる諏訪湖で作られる、
最高の美と癒しの空間をあなたに…

岡谷美術考古館『中山道古写真展』

2014年12月15日 /

岡谷美術考古館では、初期中山道の改道400周年を記念し、
「中山道古写真展」を開催中です。

岡谷・下諏訪・塩尻の
3市町エリアの中山道や宿場町などが撮影された写真
22点が展示されています。

初期中山道は岡谷市の東堀、小井川、岡谷を通り
三沢から小野峠を越え、辰野町の小野宿、牛首峠を経て
塩尻市贄川の桜沢に至る
約26キロの江戸幕府が定めた五街道の一つだったのですが、
街道から十数年で廃道となり、塩尻峠を越えるルートに改められました。

展示されている写真の正確な撮影年は未詳ですが、
ほとんどが江戸後期~昭和初期の写真家
日下部金兵衛氏が撮影した写真だそうです。

中山道を塩尻―下諏訪へと巡る形で写真が展示されていて、
塩尻峠からの諏訪湖遠望、茶屋が軒を連ねる下諏訪宿、天竜川にかかる釜口橋など、
写真からは1世紀前の古里を垣間見ることができます。
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=32995

写真で明治の中山道巡り、楽しそうですね。

 ■開催期間 :2014年12月21日(日)まで
 ■開館時間 :午前10時~午後7時(最終日5時)
 ■休館日  :水曜日
 ■入館料  :無料
 ■お問い合わせ :岡谷美術考古館 TEL 0266-22-5854

吉本 順子

12月 15th, 2014

Posted In: スタッフブログ, 観光情報