上諏訪温泉親湯

スタッフブログ

しんゆの最新情報をお届けいたします。
神秘なる諏訪湖で作られる、
最高の美と癒しの空間をあなたに…

2013 シルクフェアinおかや 4月29日(月・祝)開催されます。

2013年03月28日 /

日本の近代産業の礎を築いた製糸業の中で、
その中核を担った『シルク岡谷』の歴史を風化させることなく、広く継承していきたいと
「シルクフェアinおかや」が岡谷市のララオカヤと市内5開場で
4月29日(月・祝)に開催されます。
http://www.rurubu.com/event/detail.aspx?ID=12101

近代化産業遺産群にも認定された歴史的な建造物や展示物の見学や
機織りやまゆアートなど多彩な体験ができます。

シルクパウダーを使った繭菓子やお茶を味わうこともでき、
五感を使って岡谷のシルクをお楽しみいただけます。

また、今回は全国各地よりシルクに縁がある人々が集まり
絹製品の展示・販売も行われます。

当日は、市内に点在する各会場をつなぐ
無料の循環バスをご利用いただけます。

この機会にぜひ「シルク岡谷」はもちろん、
全国のシルク文化に触れてみていただけたらと思います。

・開催日  :2013年4月29日(月・祝)
・開催時間 :10:00~16:00
・会場   :ララオカヤ2階、岡谷市内5会場
・料金   :無料 ※「近代化産業遺産群巡り」バスツアーは参加費500円(要予約)
・お問い合わせ :シルクフェア実行委員会事務局(岡谷市商業観光課 内)
           TEL 0266-23-4811

詳細につきましてはこちらをご覧ください。
http://www.kanko-okaya.jp/?page_id=4724

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

下諏訪町 三角八丁其の十九-春- 4月28日に開催!

2013年03月27日 /

下諏訪町の春のイベント「三角八丁其の十九―春―」が
4月28日に開催されます。

三角八丁とは、
秋宮、春宮、大灯籠(国道20号春宮大門交差点近く)の3ヶ所を結んだ
大きな三角エリアのことで、エリア各所資料館や文学館の無料開放、
スタンプラリー、コンサート、フリーマーケット、展示などのイベントが行われます。

楽しい催しがたくさんの下諏訪 三角八丁をぶらりとお散歩しながら、
お楽しみいただけたらと思います。

~ イベントの一部をご紹介いたします。 ~

☆ 諏訪湖時の科学館 儀象堂(無料開放)
  「儀象堂春まつり」「諏訪大社御柱木遣り唄体験」
☆ 歴史民俗資料館(無料開放)
☆ 今井邦子文学館(無料開放)
☆ ハーモ美術館
  「世界に誇る珠玉の作品アンリ・ルソー、グランマ・モーゼスと素朴派の画家達」
☆ しもすわ温泉ぎん月「春色カラーメッセージセラピー」
☆ 諏訪湖オルゴール博物館 奏鳴館「レーザー彫刻をしてみませんか」
☆ 大社通り「昔懐かしの人力車に乗って」
☆ 門前ひろば(食祭館前)「しもすわうまいもん市」
☆ 伏見屋邸「中山道お休み処伏見屋邸」「土蔵の見学ツアー」
☆ 魁町入りヤ井はら「ミニギャラリー&骨董市」
☆ 相楽塚「甘酒無料配布.限定150名」
☆ 駅前商栄会駐車場「駅前名物うまいもん広場」

・開催期間:2013年4月28日(日)
・場所   :下諏訪町内(三角八丁エリア)
・お問い合わせ先:下諏訪観光協会 TEL 0266-26-2102

詳細につきましてはこちらをご覧ください。
http://shimosuwaonsen.jp/festival/detail.php?cid=1&iid=269

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

八ヶ岳美術館 『山の版画家 畦地梅太郎展』4月4日より開催

2013年03月26日 /

八ヶ岳山麓の標高1,350mに建つ八ヶ岳美術館は、
自然に囲まれていて、四季折々の山野草が楽しめます。

八ヶ岳美術館では、4月4月より
企画展『山の版画家 畦地梅太郎展』が開催されます。

信州と深い縁のある版画家 畦地梅太郎さん(1902-1999)は、
「山の版画家」として知られていて、浅間山をはじめ北アルプス、八ヶ岳など
多くの信州の山々が題材となっている作品を数多く残しています。

また、50歳を過ぎてからは山に身を置く人間の心象や精神性を表現した
独自の「山男」像が展開され、ユニークで人間味にあふれた表現は
今でも多くの人々を魅了しています。

本展では『山湖』『山の繪本』『信濃の山』など、
信州の山々を題材にした版画集の作品を中心に、
畦地さんが愛した山と人との姿をご紹介するとともに、
素朴さあふれる初期木版画の秀作、家族を描いた作品、商用イラストなど
貴重な資料もあわせて展示されます。

関連イベントといたしまして・・・

☆トークイベント 「家族が語る、素顔の畦地梅太郎」
共に過ごした日々の思い出から人間・畦地梅太郎さんの魅力あるエピソードを
令孫の畦地堅司さんからうかがいます。

☆ワークショップ「かんたん手彩色木版画で蔵書票づくり」
 1、下絵と転写と彫り
 2、 刷りと手彩色の2回に分けて、版画家の下山力さんにご指導いただきながら
   7cm×6.5cm大のオリジナルの蔵書書を制作します。

こちらの2つが、6月に開催されます。

~~~ 『山の版画家 畦地梅太郎展』 ~~~

・開催日 :2013年4月4日(木)~6月30日(日)※会期中は無休です。
・会場 :八ヶ岳美術館
・開館時間 :9:00~17:00(入館は16:30まで)
・入場料 :一般(高校生以上)500円  小・中高生 250円
・お問い合わせ :八ヶ岳美術館 TEL 0266-74-2701

イベントの内容など詳細につきましてはこちらをご覧ください。
http://yma.yatsugatake-ncp.com/?eid=1331333#sequel

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

諏訪高島城の桜の開花予想

2013年03月25日 /

日本三大湖城の1つに数えられている諏訪高島城(高島公園)は、
桜の名所となっており、花見のシーズンは大変多くの人で賑わいます。

ウェザーニュースの桜情報によると、今年の桜の開花は早いようで、
3月25日現在の開花予想は次のようになっております。
http://weathernews.jp/sakura/pinpoint/?id=167

園内にはソメイヨシノを中心にシダレザクラ、ヒガンザクラ、
ヤエザクラ約90本が植えられています。
また、黄色い花を付けたサンシュユも桜と同じ時期に満開になるので、
桜との色の競演がお楽しみいただけます。

また、夜にはライトアップされますので夜桜見物も出来ます。
(点灯期間:桜の咲き始め~散り終わり 点灯時間:18時~22時)

高島城の他、諏訪市湖畔公園と西山公園の桜もとても綺麗で、
同時期見頃になるようです。

詳細につきましてはこちらをご覧ください。
http://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=1908

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

諏訪湖博物館・赤彦記念館 「赤彦に寄せて」 投稿短歌作品展 開催中

2013年03月23日 /

下諏訪町にある諏訪湖博物館・赤彦記念館では、
アララギ派歌人・島木赤彦の命日の27日に
同館で開く「第26回赤彦忌」に合わせて一般公募した
「赤彦に寄せて」の投稿短歌作品展が開催されています。
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=28018

短歌の投稿を通じて赤彦忌に参加し、
赤彦の業績や足跡、ゆかりの諏訪地方に理解を深めてもらいたいと
毎年作品を公募しており、今年は諏訪地方を中心に全国各地から
153首の応募があり、全作品を短冊にしたためて赤彦忌まで館内に展示されます。

諏訪湖に2季連続の御神渡りが出現した今冬は、
「神の世も人の世もゆめありうみにこおりはり恋路季節みじかく」(愛媛県、高井常博さん)
「柿蔭より師もあおぎ見た御神渡りいく年月に歌わきいづる」(岡谷市、小口敦子さん)
など、厳冬の諏訪特有の自然現象をうたった作品が多かったそうです。

赤彦忌の27日13時半からは
講演「赤彦の八丈島渡島== 堀内卓、望月光との関わり==」も開かれます。

たくさんの人が赤彦さんをしのぶ思いや、諏訪を詠んだ歌を通じて、
新たな諏訪の魅力を感じてみてはいかがでしょうか?

諏訪湖博物館・赤彦記念館(諏訪郡下諏訪町西高木10616-111)
TEL 0266-27-1627

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/dsmsh/

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報