上諏訪温泉親湯

スタッフブログ

しんゆの最新情報をお届けいたします。
神秘なる諏訪湖で作られる、
最高の美と癒しの空間をあなたに…

諏訪地域の遺跡で発掘された旧石器時代から古墳時代の石器や土器を展示

2013年01月14日 /

諏訪大社上社本宮のすぐそばに建つ諏訪市博物館では、
諏訪市出身の考古学者・藤森栄一さんが収集した考古資料約6万点が
国登録有形文化財になったことを記念いたしまして、
登録された資料群の中から諏訪地域の遺跡で発掘された旧石器時代から
古墳時代の石器や土器などの「藤森栄一収集考古資料」約2,000点が
1月31日まで展示されます 。

土器編年の標識資料となっている学術的に貴重な資料や、
これまで紹介する機会が少なかったものなどが並ぶコーナーも開設されています。

諏訪地域の各遺跡から出土した石器や土器片、復元土器など、
諏訪の歴史を知る上で重要なものであり、
日本の考古学の歴史上でも評価されている大変貴重な資料ですので、
ご覧になっていただけたらと思います。
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=27348

★1月20日(日)には北相木村考古博物館学芸員の藤森英二さんによる特別講演会
「縄文時代研究の可能性」が開催されます。

・日時 :2013年1月20日(日) 午後1時30分~
・会場 :諏訪市博物館学習室
・聴講料:無料(展示観覧は入館料が必要です。)
http://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=1884

吉本 順子

1月 14th, 2013

Posted In: スタッフブログ, 観光情報