上諏訪温泉親湯

スタッフブログ

しんゆの最新情報をお届けいたします。
神秘なる諏訪湖で作られる、
最高の美と癒しの空間をあなたに…

諏訪市博物館では‘特別展 高島藩主諏訪家伝来 竹取物語絵巻’開催

2012年09月27日 /

 

諏訪市博物館では中秋の名月に合わせて5年ぶりに
特別展‘高島藩主諏訪家伝来 竹取物語絵巻’が公開されます。

この絵巻には高島藩8代藩主忠恕に嫁いだ烈姫(のちの清昌院)の嫁入り道具ともいわれ、
豪華な3巻の絵巻物で、上・中・下巻があり、それぞれが10mもの長さがあります。

色彩豊かで華やかな装飾を施した絵と、流れるような筆文字との絶妙なバランスを
かぐや姫のお話と共に楽しむ事が出来ます。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=1884

■開催期間:9月15日(土)から10月8日(月・祝)
■休館日 :毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)
■時 間  :9時~17時(入館は16時30分までです)
■入館料 :一般300円、小中学生150円

また9月30日(日)の13時30分から15時まで
「竹取物語の世界一基本構造と絵巻」の講演会も行われます。

森 多栄子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

岡谷蚕糸博物館で「お月見うさぎ」の繭人形キット販売中です。

2012年09月27日 /

シルクの都、岡谷市にある岡谷蚕糸博物館は、養蚕・製糸・絹に関する展示を行う博物館です。

現在移転準備の為に休館中ですが、繭に親しんでもらおうと中秋の名月(30日)に合わせ、
2匹のうさぎが満月を眺めながら餅つきをしている「お月見うさぎ」の手作りキットを
市立岡谷図書館(本町)や旧林家住宅(御倉町)で販売しています。

白い繭で作ったウサギの頭、耳、手などの部分を貼り合わせて、生糸でできたススキとともに、
縦8cm、横10cmの発泡スチロール製の台座にお好きなように配置できます。

ウサギが持つ杵は桑の枝で作られており、黄色い繭を切り抜いた満月は、
周りに白い真綿を付けて、雲がかかっているように表現できて、
情緒あふれる作りになっています。

自分流にアレンジしてみても面白いですよね。
可愛い自分好みのお月見うさぎを作ってみませんか?

1セット400円で販売されていて、今後は10月31日のハロウィーンや
来年の干支のへびにちなんだ繭人形も販売される予定だそうです。
ご友人にプレゼントしても喜ばれそうですよね。

とても人気がある商品の為、事前にお問合わせしていただくことをお勧めいたします。

<お問合わせ先> 岡谷蚕糸博物館 0266-22-5854

詳細につきましては、こちらのホームページをご覧ください。
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_227760

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

サンリツ服部美術館で ‘箱は語る 茶の湯情報学ことはじめ’開催

2012年09月26日 /

諏訪湖の近くにあるサンリツ服部美術館では、9/25(火)~12月9日(日)まで
「箱は語る茶の湯情報学ことはじめ」という
茶道具の箱に焦点を当てた展覧会を開催いたします。

茶道具を収めた箱には、その道具が辿ってきた歴史が刻み込まれています。

今回は茶碗の製作者、本阿弥光悦自ら書付した「白楽茶椀 銘不二山」の箱や、
長次郎作「黒楽茶碗 銘 雁取」の箱と付属品も公開されます。

普段なかなか見る事の出来ない箱の中ですし、
そこから見える茶道具の魅力も感じられる事と思います。

「箱は語る 茶の湯情報学ことはじめ」の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.shinetsu-navi.jp/event/2012/12/09_026789.php

■ 開催期間:9月25日(火)~12月9日(日)まで

<前期> 9月25日(火)~10月28日(日)
<後期> 10月30日(火)~12月9日(日)

■ 開館時間:9時30分~16時30分

■ 休館日:祝日を除く月曜日

■ 入館料:大人800円、小中学生400円

森 多栄子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

新田次郎生誕100周年記念 藤原咲子 講演会

2012年09月25日 /

「孤高の人」や「富士山頂」など山岳小説をはじめとする
「夢と挑戦」をコンセプトにした数々の作品を残した日本を代表する小説家、
気象学者でもある新田次郎(1912~1980)さん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%94%B0%E6%AC%A1%E9%83%8E
は、諏訪市出身で今年で生誕100周年になります。

生誕100周年を記念して、新田次郎さんの長女である藤原咲子さんの講演会が
10月14日(日)に諏訪市図書館にて行われます。
娘から見たお父さんの素顔を語っていただけます。

講演会の後は新田次郎さんが総責任者として携わった
「富士山気象レーダー建設」への挑戦を描いた
NHKの「プロジェクトX~挑戦者たち~」が上映されます。

お申し込みは先着順で定員に達した時点で締切となりますので、
ご興味がある方は早めのお申し込みをおすすめ致します。

~~~ 新田次郎生誕100周年記念 藤原咲子 講演会 ~~~

・日時 :2012年10月14日(日)午後2時~4時 ※開場:午後1時半

     (1)講演会 午後2時~3時
        演題「娘から見た父、新田次郎の素顔」
        講師 藤原咲子さん(新田次郎さんの長女)
     
     (2)映画会 午後3時10分~4時
        『プロジェクトX挑戦者たち 巨大台風から日本を守れ
                    -富士山頂・男たちは命をかけた-』

・会場 :諏訪市図書館2階 視聴覚ホール

・定員 :140人(事前のお申し込みが必要です。)

・聴講料:無料

・お申し込み方法:電話か直接窓口にてお申し込みください。

・お申し込み・お問合わせ:諏訪市図書館 0266-52-0429

詳細につきましてはホームページをご覧ください。
http://www.city.suwa.lg.jp/www/event/detail.jsp?id=4587

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

劇団シューティングスター公演 「父と暮らせば」

2012年09月24日 /

小説家であり、劇作家、放送作家でもある井上ひさしさんの不朽の名作「父と暮らせば」を
劇団シューティングスターが原村図書館にて公演いたします。

「父と暮らせば」は原爆投下後の広島を舞台にした娘と父親の二人芝居で、
読売演劇大賞の優秀作品賞、優秀演出家賞など受賞されており、
モスクワや香港など海外公演も行われました。

2004年には監督黒木和男さん、娘役 宮沢りえさん、父親役 原田芳雄さんで
映画化もされました。

戦後67年の歳月が流れましたが、戦争の悲惨さを決して忘れてはなりません。
昭和23年の夏、広島を舞台に被爆した娘と父の4日間のお話です。

語り継ぐこと、生きること、そして人を愛することの大切さを
改めて感じることができる素敵な作品ですので、
ぜひ愛する人とご一緒に鑑賞してみてはいかがでしょうか?

~~~ 劇団シューティングスター公演「父と暮らせば」 ~~~

・会場 :原村図書館2階会議室(諏訪郡原村12079-1)
・日時 :2012年9月29日(土)13時30分~15時
・対象 :小学生高学年以上 (低学年でも静かに鑑賞できれば、入場可能です。
     多くの方にご覧いただきたいと思います。)
・参加費:無料
・お問合わせ 原村図書館内図書館係 0266-70-1500

詳細につきましてはホームページをご覧ください。
http://www.vill.hara.nagano.jp/www/event/detail1.jsp?id=3136&pan=1

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報