衛生・消毒プログラム

概要

上諏訪温泉 しんゆでは、2020年6月1日より新たな衛生・消毒プログラムを導入しました。お客様と社員が安心し過ごせる環境を目指したプログラムです。
①「施設の衛生管理」②「人からの感染防止」③「衛生管理トレーニング」の3つの視点から構成されております。
以前より行なっていた衛生管理の取り組みに加え、新たに3密(密閉・密集・密接)を避けた行動基準、細菌及びウイルスを“つけない“ “増やさない” “やっつける” を行動基準として考案しました項目と合わせて多岐にわたる内容となっております。お客様と社員が安心して過ごせる環境を目指し、今まで以上に衛生管理及び消毒作業に手間と時間を掛けてまいります。

※本プログラムは、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第1版)」、厚生労働省「HACCPに基づく衛生管理のための手引書」を元にプログラム立案しております。

目次

施設の衛生管理、
人からの感染防止、
衛生管理トレーニングの
3つからなるプログラム

①施設の衛生管理

  • アルコール消毒ポンプの設置(全客室、全パブリックスペース)
  • 飛沫感染防止アクリル板パーテーションを設置(全パブリックスペースカウンター)
  • 深夜及びチェックアウト時のオゾン殺菌機を使った殺菌(全パブリックスペース、調理室)
  • 深夜の次亜塩素酸水を入れた加湿器の作動(全パブリックスペース)
  • 噴霧器を使用した消毒作業(全客室清掃終了時、全パブリックスペース)
  • 接触感染リスクが高い箇所の消毒
  • リモコン機器等の紫外線消毒
  • 玄関に抗菌マット設置
  • 外部機関による衛生監査
  • 全室禁煙、法に基づく喫煙室設置

客室での取り組み:アルコールと次亜塩素酸水を使った客室の消毒清掃5ステップ

写真_清掃

(1)清掃

マスクと手袋を着用し、客室を綺麗に清掃します。

写真_アルコール消毒作業

(2)アルコール消毒・UV消毒作業

手に触れる箇所(テーブル、ソファ、リモコン、受話器、スイッチ、取っ手、ドアノブ等)をアルコールで消毒します。リモコン機器等は紫外線消毒を行い、消毒袋に梱包します。

写真_客室内設置グラス類等高温洗浄及び

(3)客室内設置グラス類等の高温洗浄及び次亜塩素酸水消毒

客室内設置グラス類等は高温洗浄及び次亜塩素酸水消毒をします。消毒後は、消毒袋に梱包または消毒帯をして設置します。

写真_噴霧器による次亜塩素酸水消毒

(4)噴霧器による次亜塩素酸水消毒

ウイルスの不活化、アレル物質の除去効果のある次亜塩素酸水を客室内に噴霧します。

写真_消毒済みシール

(5)消毒済みシール

消毒が終了した客室には、消毒済みのシールを扉に貼り消毒の漏れを無くします。消毒済みの客室には当日使用されるお客様のみご入室いただけます。

パブリックスペースでの取り組み:清掃・消毒・高頻度換気サイクル

写真_パブリックスペース清掃・消毒・高頻度換気サイクル

(1)パブリックスペースの定期的な清掃

6月よりパブリックスペースの清掃回数を増やしました。

(2)深夜の次亜塩素酸水を入れた加湿器の設置

ウイルスの不活化、アレル物質の除去効果のある次亜塩素酸水を入れた加湿器を脱衣所やフロントカウンター、ロビー、調理室などのパブリックスペースに設置し深夜に使用しております。

(3)深夜のオゾン殺菌機を使った殺菌

お客様がいらっしゃらない深夜のパブリックスペースを菌やウイルスを除去するオゾン殺菌機を使用しております。

(4)定期的な換気

ウイルスや菌の停滞や繁殖を抑えるためパブリックスペースの定期的な換気を行っております。

大浴場での取り組み

写真_大浴場での取り組み

大浴場での密集を避けるため、日帰り温泉の営業は当面の間休止しております。その間はご宿泊のお客様のみ温泉をご利用いただけます。脱衣所にはアルコール消毒ポンプを設置しております。深夜の時間は次亜塩素酸水を入れた加湿器とオゾン殺菌機を使った殺菌を行なっております。脱衣所にある備品(カゴやドライヤー)などもこまめに消毒対応を行なっております。温泉は塩素消毒を行なっております。

調理室での取り組み

写真_調理室での取り組み

調理室では食品衛生のHACCP(危害要因分析に基づく必須管理点)を導入して衛生管理に特に気を使っております。また納入食材及び他納入物の消毒や調理室入室の際の靴、服消毒も念入りに行なっております。

HACCPとはHazard Analysis Critical Control Pointの略で「危害要因分析重要管理点」というものです。HACCPは国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会が発表したもので、食品の状態や扱いの重要項目を記録し管理する食品衛生管理の手法です。当館はこのHACCPに沿って食品衛生管理を行なっております。

個室料亭での取り組み

写真_個室料亭での取り組み

当館は個室にてコース料理形式の料理提供を行なっております。使用後は噴霧器による次亜塩素酸水消毒と、テーブルをはじめ取っ手などの細かい部分のアルコール消毒も行なっております。

送迎バスでの取り組み

写真_送迎バスでの取り組み

送迎バスは次亜塩素酸水を入れた加湿器と噴霧器を使い、車内の消毒を行なっております。車内にはアルコール消毒ポンプを設置しております。バスの運行は乗車人数の制限や間隔を開けた着席など、ソーシャルディスタンスに配慮した運営を行なっております。

②人からの感染防止

  • 全社員の検温及び体調管理記録
  • 出勤時及び勤務中のうがい、手洗い、アルコール消毒必須
  • 毎月の検便検査実施、ノロウイルス検査実施(11月〜3月)
  • インフルエンザ予防注射実施
  • 全社員常時マスク着用
  • 清掃時の手袋着用
  • 料理調理・提供時の手袋着用
  • お食事の際、ご希望のお客様にはフェイスシールドをして料理提供
  • 個室でコース料理形式の料理提供
  • ご入館時の検温、アルコール消毒願い
  • チェックイン時のお客様に対する体調ヒアリング
  • パブリックスペースにおけるお客様へのマスク着用願い
  • 浴室内、エレベーター内での会話自粛願い
  • 送迎バス乗車時、アルコール消毒、マスク着用願い
  • ソーシャルディスタンス監視
  • 収容人数に対して50%制限
  • 全納入業者へのマスク着用及び手袋着用願い
  • パルスオキシメーター(酸素濃度測定器)※1貸出
  • ※1 当館が測定値に対し判断をすることはございません。

③衛生管理トレーニング

  • 弊社衛生消毒プログラム2020の啓蒙教育

    本プログラムは、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会“宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第1版)”、厚生労働省“HACCPに基づく衛生管理のための手引書”を元に立案しています。立案の主旨や必要性などの教育を全社員向けに行っております

  • ATP検査(手指に付着している菌の数を測定し、手洗いの状態を可視化します)
  • 手洗い講習
  • 外部による衛生管理講習
  • 調理室、提供者への衛生管理マニュアル
  • 8つの過程に分けた調理室業務衛生マニュアル
    業務衛生マニュアル概要
    1. 作業前
      • 手指の洗浄・消毒
      • 作業靴の消毒
      • 器具、作業台、冷蔵庫等の消毒
    2. 食品の検収・保管
      • 検収を行い、記録簿に記録・保管(相互汚染を防ぐ保管)
      • 品質、鮮度、包装、温度
    3. 下処理
      • 非汚染作業とまたがることのないよう留意
      • 下処理従事後、手指の洗浄・消毒
    4. 原材料等の保管・管理
      • 野菜・果物:流水で洗い、必要に応じて次亜塩素酸ナトリウム溶液で殺菌後、流水にてすすぐ
      • 魚介・食肉:必要に応じて次亜塩素酸水に浸漬後、流水にてすすぐ
    5. 調理
      • 調理台、水槽の洗浄・消毒
      • 加熱調理にあたっては中心部が殺菌温度まで加熱されていることを確認
      • 作業前に手指の洗浄・消毒
      • 調理室内の温度、湿度を確認し記録簿に記録・保管するとともに換気を十分に行う
    6. 盛り付け
      • 料理に直接手を触れないようにすること
      • 調理が終了した食品は適温で管理
    7. 施設、設備の衛生
      • それぞれ区分けされた付近を用い専用のものとする
      • 設備内温度の記録・保管
    8. 従事者の管理
      • 業務事業者の健康状態を衛生管理点検表で個別に記録・保管
      • 身体衣服は常に清潔に保ち、調理衣、エプロン、マスク、帽子、履物を着用
      • 検便検査の実施→前述の結果、食品衛生上支障がある場合は業務に従事させない事
  • 社員評価項目に衛生管理理解度、実施度を導入

緊急時の病院、保健所について

当館の近くには救急病院がございます。
諏訪赤十字病院 車で3分
TEL: 0266-52-6111 
住所: 〒392-8510長野県諏訪市湖岸通り5丁目11番50号

当館は諏訪保健所の管轄にございます。
諏訪保健所 TEL: 0266-53-6000

衛生管理に関する新着情報