住宿條款

住宿條款

(適用範圍)

第1條 本館和住宿旅客之間簽訂的住宿契約及與此相關之契約,依照本條約之規定事項,至於本條約無規定之事項,依照法令或一般確定的習慣。

2本館在不違反法令及習慣的範圍內按照特約時,不受限於前項之規定, 該特約優先適用。

(住宿契約之申請)

第2條 欲向本館申請住宿契約者,請向本館聲明以下事項。

(1)住宿者姓名

(2)住宿日期及預定抵達時間

(3)住宿費用(原則上依照附表1的基本住宿費用。)

(4)其他本旅館認為必須之事項

2住宿旅客於住宿期間內超過第2款之住宿日期,聲請繼續住宿時,本館以其聲請的時間點,作為住宿旅客申請了新的住宿契約處理。

(住宿契約之成立)

第3條 住宿契約於本館承諾前條之申請時成立。但證明本館沒有承諾時,不在此限。

2住宿契約依照前項之規定成立時,以住宿期間(超過3天者以3天計算)的基本住宿
費為限,在本館指定的日期之前,支付本館規定的申請費。

3申請費先抵扣住宿旅客最後該支付的住宿費用,發生適用於第6條及第18條之規定
的情況時,按照違約金、賠償金的優先順位抵扣,如有殘額,於按照第12條之規定支
付費用時返還。

4住宿旅客未按第2項之規定於本館指定的日期之前支付申請費時,住宿契約失去其効力。但僅限於指定申請費的支付日期時,本館告知住宿旅客該意旨。

(不需要支付申請費的特約)

第4條 儘盡有前條第2項之規,本館有時接受特約,不需要在契約成立後支付該項的申請費。

2承諾住宿契約之申請時,本館沒有要求支付第2項之申請費及沒有指定該申請費之支付日期時,當作不接受前項之特約處理。

(拒絕簽訂住宿契約)

第5條 本館在以下情況下,有時不接受住宿契約之簽訂。

(1)住宿之申請不依照本條約時。

(2)客滿而沒有空房間時。

(3)欲住宿者在住宿方面,有違反法令規定、公共秩序或善良風俗的行為之虞時。

(4)欲住宿者顯然帶有傳染病時。

(5)宿泊に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき。

(6)天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させることができないとき。

(7)長野県旅館業法施行条例第16条の規定する場合に該当するとき。

(本飯店(旅館)的契約解除權)

本飯店(旅館)在以下的情況,有時會解除住宿契約。(4) 住宿旅客明顯傳染病時。

2当館は、宿泊客がその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部又は一部を解除した場合(第3条第2項の規定により当館が申込金の支払期日を指定してその支払いを求めた場合であって、その支払いより前に宿泊客が宿泊契約を解除したときを除きます。)は、別表第2に掲げるところにより、違約金を申し受けます。ただし、当館が第4条第1項の特約に応じた場合にあっては、その特約に応じるに当たって、宿泊客が宿泊契約を解除したときの違約金支払義務について、当館が宿泊客に告知したときに限ります。

3当館は、宿泊客が連絡をしないで宿泊日当日の午後7時(あらかじめ到着予定時刻が明示されている場合は、その時刻を2時間経過した時刻)になっても到着しないときは、その宿泊契約は宿泊客により解除されたものとみなし処理することがあります。

(本飯店(旅館)的契約解除權)

第7条 当館は、次に掲げる場合においては、宿泊契約を解除することがあります。

(1)宿泊客が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき、又は同行為をしたと認められるとき。

(2)宿泊客が伝染病者であると明らかに認められるとき。

(3)宿泊に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき。

(4)天災等不可抗力に起因する事由により宿泊させることができないとき。

(5)長野県旅館業法施行条例第16条の規定する場合に該当するとき。

(6)寝室での寝たばこ、消防用設備等に対するいたずら、その他当館が定める利用規則の禁止事項(火災予防上必要なものに限る。)に従わないとき。

(7)宿泊しようとする者が暴力団、暴力団員、暴力団関係団体又は関係者、その他反社会勢力であるとき。

2当館が前項の規定に基づいて宿泊契約を解除したときは、宿泊客がいまだ提供を受けていない宿泊サービス等の料金はいただきません。

(宿泊の登録)

第8条 宿泊客は、宿泊日当日、当館のフロントにおいて、次の事項を登録していただきます。

(1)宿泊客の氏名、年令、性別、住所及び職業

(2)外国人にあっては、国籍、旅券番号、入国地及び入国年月日

(3)出発日及び出発予定時刻

(4)その他当館が必要と認める事項

2宿泊客が第12項の料金の支払いを、旅行小切手、宿泊券、クレジットカード等通貨に代わり得る方法により行おうとするときは、あらかじめ、前項の登録時にそれらを呈示していただきます。

(客房的使用時間)

第9條 住宿旅客能夠使用本館的客房之時間為下午3點至隔天早上10點止。
但連續住宿的情況下,除了抵達日及退房日之外,得全天使用。

2儘管有前項之規定,本館有時接受該項規定之時間外的客房使用。以下情況收取追加費用。

(1)超過1小時以內,加收房間費3,000日圓

(2)超過2小時以內,加收房間費5,000日圓

(使用規則之遵守)

第10條 住宿旅客於本館内,需遵照本館規定並揭示於本館内的使用規則。

(營業時間)

第11條 本館的主要設施等之營業時間如下,其他設施等之詳細營業時間於手冊、各處的佈告、客房内的服務目錄中介紹。

(1)櫃檯・出納等的服務時間:

a門限 凌晨0時00分

b櫃檯服務 上午7時00分~晚上10時00分

(2)餐飲等(設施)服務時間:

a早餐 上午7時30分~上午9時00分

(客房.宴會場.餐廳)

b晚餐 下午6時00分~晚上9時00分

(客房.宴會廳.餐廳)

c其他餐飲等

大廳休憩區.餐廳上午7時30分~晚上9時00分

(3)附帶服務設施時間:

商店 上午7時30分~晚上9時00分

2前項的時間在不得已的情況下,有時會臨時變更。該情況下,會以適當的方式通知。

第12條 住宿者該支付的住宿費用等明細,依照附表1所掲示的內容。

2以貨幣或本館認同的旅行支票、住宿券、信用卡等能夠代替的方法,在住宿旅客退房時或本館請求付款時,在櫃檯支付前項的住宿費用等。

3本館提供住宿旅客客房,且能夠使用之後,即使住宿旅客無端不住宿,仍要收取住宿費用。

(本館的責任)

第13條 本館在履行住宿契約及其相關的契約,或因不履行這些契約而造成住宿旅客的損害時,賠償其損害。但因非該歸責於本館之事由時,不在此限。

2本館為了因應萬一火災等意外發現時,投保了旅館賠償責任險。

(無法按照契約提供客房時的處置)

第14條 本館無法按照契約提供住宿旅客客房時,經住住宿旅客的同意,盡可能按照同樣的條件,和其他住宿設施交涉。

2儘管有前項之規定,本館無法和其他住宿設施交涉時,支付住宿旅客相當於違約金金額的補償金,其補償料充當損害賠償額。但關於無法客房,沒有該歸責於本館之事由時,不支付補償金。

(寄託物等的處置)

第15條 住宿旅客寄放放櫃檯的物品或現金及貴重物品,產生遺失、毀損等損害時,除了不可抗力的情況之外,本館賠償其損害。但現金及貴重物品在本館尋求明白告知其種類及價格的情況下,但住宿旅客不為之時,本館賠償其
損害的上限為15萬日圓。

(住宿旅客的隨身行李或攜帶物品之保管)

第16條 住宿旅客的隨身行李在住宿之前抵達本館的情況下,僅限於本館在其抵達之前同意,負責保管,並於住宿旅客在櫃檯辦理住房手續時交付。

2住宿旅客在退房之後,住宿旅客的隨身行李或攜帶物品放在本館忘了帶走的情況下,確定其持有者時,本館會跟該持有者連絡,並且尋求其指示。但沒有持有者的指示或持有者不明確時,包含發現日在內保管七天,然後交給最近的警察署。

3關於前2項的情況下,住宿旅客的隨身行李或攜帶物品之保管,本館的責任為第1項的情況下,以前條第1項之規定為準,為前項的情況下,以該條第2項之規定為準。

第1項の場合にあっては前条第1項の規定に、前項の場合にあっては同条第2項の規定に準じるものとします。

(停車的責任)

第 17條 住宿旅客使用本館停車場的情況下,無論如何寄放車輛鑰匙,本館只出借車位,不負車輛之管理責任。
但在停車場的管理上,因本館的故意或過失造成損害時,則負責其賠償。

附表1 住宿費用等的明細(第2條第1項及第12條第1項)

    明細
住宿旅客應支付的費用 住宿費用 1.基本住宿費(房間費+早.晚餐費費用)
追加費用 2.追加飲食(早.晚餐以外的飲食費用)及其他額外的服務費用
稅金 a 消費稅
b 泡湯稅 150日圓

(住宿旅客的責任)

第 18條 因住宿旅客的故意或過失,使本館蒙受損害時,該住宿旅客對本館賠償其損害。

附表2 違約金(第6條第2項)

收到解除契約
通知的日期


宿


2

3

5

6

7

8

14

15

30

契約申請人數                        
14人以下 100% 100% 50% 30% 30%
15~30人 100% 100% 50% 30% 30% 30%
31~100人 100% 100% 80% 50% 30% 30% 20% 20% 10% 10%
101人以上 100% 100% 80% 50% 50% 30% 30% 30% 15% 15% 10% 10%

(注)1. %是針對基本住宿費的違約金比率。

備註

1.基本住宿費依照櫃檯的收費表。

2.兒童價格適用小學生以下,提供相當於大人的餐點和寢具等時,收取大人價格的70 %、提供兒童餐點和寢具時,收取50%、提供幼童餐和寢具時,收取40%。 不提供寢具及餐點的幼童,收取540日圓。

3.契約日數縮短的情況下,其縮短天數不拘,收取1天(第一天)的違約金。

4.團體客人(15人以上)中的一部分解除契約的情況下,人數相當於住宿的10日前 (那一天之後接受申請的情況下,則那天為申請日)的住宿人數約10%(尾數進位。),則不收取違約金