上諏訪温泉親湯

スタッフブログ

しんゆの最新情報をお届けいたします。
神秘なる諏訪湖で作られる、
最高の美と癒しの空間をあなたに…

諏訪街なか大感謝祭『そと呑みー』

2015年11月16日 /

諏訪湖の夜のちょっとしたお愉しみ。

お飲み物とお料理のセットが
ワンコイン(500円)で楽しめるイベント
「諏訪街なか大感謝祭『そと呑みー』」を今、
上諏訪温泉周辺の各店舗にて開催中です。

『そと呑み』とは、
家で飲むのが『うち呑み』、だから
外で呑むのは『そと呑み』、
として付けられたネーミングで、
2010年から始まったこのイベントも年々人気が高まり、
10回目を迎える今回は、
参加店が26店舗と過去最多となりました。

諏訪湖の夜をワンコインで、ちょっとだけ、
楽しみませんか?

11月19日(木)までの期間限定イベントです。

参加店舗を廻って、スタンプを10個集めたら
後日、千円分の飲食券として使用することができる
恒例のスタンプラリーも行われます。

参加店舗など詳細につきましては、こちらをご参照ください。
http://www.sotonomi.com/

“食欲の秋”に『そと呑みー』をちょっとプラス。
気軽にお出かけくださいね。

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

酒蔵の街の読み歩き「くらもと古本市」

2015年11月13日 /

上諏訪街道に並ぶ5軒の老舗酒蔵「諏訪五蔵」を各会場に、
個性あふれる古本が展示販売されている
酒蔵の街の読み歩き『くらもと古本市』が開催されています。

今回で6回目を迎えるこのイベントは、
会場が酒蔵ということで話題を呼び、
回を重ねるごとに認知度が広がり、来場者も増え、
今回は長野県外の8書店も参加し、
計15書店と過去最多の出店だそうです。

会場ごとにテーマが設けられていますので、
そのテーマに関連した古本が並び、
酒蔵を巡りながら古本を手にとっていただくことが出来ます。

なんと古本の数は全部で4千冊になるそうで、
今は販売されていない本や
お店では手に入れることが難しい外国語の絵本など、
貴重な本にも出会えそうです。

■ 開催日時 :~2015年11月18日(水)までの 10:00~17:00
■ 会場   :諏訪五蔵(信州舞姫・麗人・本金・横笛・真澄)
■ 入場無料

詳細につきましては、こちらをご参照ください。
http://nomiaruki.com/bookfair6/

老舗蔵元が並ぶ上諏訪のにぎわいに
お時間がございましたら、
お立ち寄りいただければと思います。

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

美容と健康に秀でた効果「かんてん風呂」

2015年11月12日 /

【上諏訪温泉 しんゆ】には、
諏訪の名産 ”寒天” を利用した
「かんてん風呂」がございます。

”寒天”には、美容と健康に効果があり、
この”寒天”を温泉に利用したお風呂は、
当館が初めての試みとなります。

男性用・女性用ともに
大浴場に併設された「かんてん風呂」。

全国でも珍しい”寒天”のお風呂を
ぜひ、ご利用くださいませ。
http://www.kamisuwa-shinyu.com/spa.html

ホテル親湯
大橋

カテゴリー: スタッフブログ, 宿泊情報

ロゼッタ古楽コンサート「晩秋の憂いと優しさ」

2015年11月11日 /

原村のリングリンクホールにて、
ロゼッタ古楽コンサートVol.4、
バロックの弦楽器と歌で綴る「晩秋の憂いと優しさ」が
11月23日(月・祝)に開催されます。

バロックヴァイオリン奏者2名と、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者、
チェンバロ奏者、歌唱の八ヶ岳にゆかりのある5名で結成された
「コンチェルト・ソスピーリ」の演奏会です。

当日は、
17世紀のイタリアのヴァイオリン音楽の名曲を演奏します。

<曲目>
♪バルバラ・ストロッツイ(1619-1677)
 セレナ―タ「いまアポロの胸に抱かれて」

♪アレッサンドロ・ストラデッラ(1644-1682)
 二本のヴァイオリンと通奏低音のためにシンフォニア イ短調

♪アルカンジェロ・コレルリ(1653-1713)
 室内ソナタ ホ短調 Op.2-4 他

☆開催日  :2015年11月23日(月・祝)
☆開催時間 :開場 15:30/開演 16:00
☆会場   :輪の舎 リングリンクホール
☆入場料  :一般1,500円 高校生以下 800円
☆お問い合わせ :ムジカ・ロゼッタ 
         TEL 090-7695-9441(原)

詳細につきましては、こちらをご参照ください。
http://www.vill.hara.nagano.jp/www/event/detail1.jsp?id=4014&pan=2

フリーアナウンサーの小林節子さんが代表のリングリンクホール、
そのホールでの最終公演となりそうです。
素敵な夜をお過ごしいただければと思います。

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

企画展「収蔵品展 驚きの昭和絹製品展」

2015年11月09日 /

岡谷市の岡谷蚕糸博物館では、
新企画展「収蔵品展 驚きの昭和絹製品展」が
11月5日より開催されています。

岡谷蚕糸博物館には、
貴重な製糸関係の機械や書類、史料などが展示されていて、
長野県有形民俗文化財や近代化産業遺産に指定されています。

綿や羊毛などの繊維の輸入が困難に陥った時期に、
代わりに用いられた素材が絹だったため開発が行われたそうで、
独特のツヤ感がある絹のイメージからは想像もつかないような製品が
既に昭和初期には開発されていたようです。

本展では、
その当時の開発された生活用品や産業用の絹製品、
服飾品などが展示されています。

■開催期間 :2016年2月1日(月)まで
■会場   :岡谷蚕糸博物館
■開館時間 :午前9時~午後5時
■休館日  :水曜日、祝日の翌日
■お問い合わせ :岡谷蚕糸博物館 TEL 0266-23-3489

詳細につきましては、こちらをご参照ください。
http://silkfact.jp/news/%e5%b2%a1%e8%b0%b7%e8%9a%95%e7%b3%b8%e5%8d%9a%e7%89%a9%e9%a4%a8%e3%80%80%e5%8f%8e%e8%94%b5%e5%93%81%e5%b1%95%e3%80%80%e9%a9%9a%e3%81%8d%e3%81%ae%e6%98%ad%e5%92%8c%e7%b5%b9%e8%a3%bd%e5%93%81%e5%b1%95/

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報