上諏訪温泉親湯

スタッフブログ

しんゆの最新情報をお届けいたします。
神秘なる諏訪湖で作られる、
最高の美と癒しの空間をあなたに…

塩嶺王城パークライン ハーフマラソン大会

2014年02月06日 /

5月25日(日)に開催される
「第16回 塩嶺王城パークライン ハーフマラソン大会」の
参加者を募集しております。

岡谷市、塩尻市、辰野町の2市1町を駆け抜け、
北・南・中央アルプスや八ヶ岳、
諏訪湖や松本平などの絶景を一望できる大会です。

★コース★
岡谷市「鳥居平やまびこ公園」~塩尻市「信州塩尻農業公園チロルの森」
~辰野町「しだれ栗森林公園」~「鳥居やまびこ公園」周回ハーフマラソン(21.0975km)

中学生・一般・ウォーキング5kmは、パークライン途中折返し、
小学生は鳥居平やまびこ公園内1.8kmとします。

■開催期間 :2014年5月25日(日)

■時間    :受付 午前7時30分から午前9時30分まで(鳥居やまびこ公園)

■参加資格 :健康で、ハーフマラソンについては3時間以内で完走できる方

■参加料   :
小・中学生  <お一人様>  700円
高校生    <お一人様> 2,000円
一般      <お一人様> 3,500円
ウォーキング <お一人様>  200円
(当日受付・参加料をお支払いください。)

詳細につきましてはこちらをご覧ください。
http://www.kanko-okaya.jp/?page_id=3345

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

【美湖膳】が春メニューになりました。

2014年02月06日 /

立春を境に
二十四節気 和会席 【美湖膳】が<春メニュー>になりました。
http://www.kamisuwa-shinyu.com/kondate/14haru.html

春を感じていただける食材を使用し、
彩りも春らしく仕上がりました。

5/4(日)までの限定メニューでございます。

ご宿泊等に関する詳しい資料などもお送りいたしております。
http://www.kamisuwa-shinyu.com/pamphlet.html

お気軽にお問い合わせくださいませ。

ホテル親湯
大橋

カテゴリー: お料理, スタッフブログ

下諏訪ひな街道まつり

2014年02月04日 /

下諏訪町の諏訪大社下社秋宮周辺や旧中山道沿いで、
2月15日(土)から3月31日(日)まで
「下諏訪ひな街道まつり2014」が開催されます。

ひな祭りの季節に合わせて、
諏訪湖オルゴール博物館 奏鳴館、諏訪湖時の科学館 儀象堂、伏見屋邸など
計9ヶ所の施設で様々なイベントが催されます。

イベントの一部をご紹介しますと・・・

☆伏見邸

・つるし雛展示
<2月15日(土)~3月30日(日)9:00~16:30 ※月曜定休>

・甘酒サービステー
<3月2日(日)>

☆諏訪湖時の科学館 儀象堂

・二胡&ギターコンサート
<2月22日(土)14:00~ 大人・小人 3,000円>

☆諏訪湖オルゴール博物館 奏鳴館

・ひな街道まつり
<2月16日(日)~3月3日(月)9:00~17:00>

同時開催で、”春待ちスタンプラリー“が開催されます。
イベントを実施している対象施設を巡ってスタンプを集めると、
満欄で限定おひな様バッジがもらえます。
(プレゼントはなくなり次第終了となります。)

詳細につきましてはこちらをご覧ください。
http://shimosuwaonsen.jp/attractions/detail.php?cid=5&iid=331

イベントに関するお問合わせは、
下諏訪町観光協会 (TEL 0266-26-2102)までお願いいたします。

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

諏訪大社下社で遷座祭

2014年02月03日 /

諏訪大社下社で2月1日、
春の遷座祭が行われました。

遷座祭は約1㎞隔てた秋宮と春宮の二つの神社間で、
御霊代を半年ごとに遷座する、
他の神社にはほとんど例がないという稀な祭事です。

秋宮での神事に続き午後1時半ごろ、
昨年夏のお舟祭りで秋宮に祭られていた御霊代を納めたみこしや薙鎌、
のぼり旗、太鼓などの遷座行列が出発し、
今年の御頭郷を務める岡谷市湊・川岸の氏子、大総代、白丁姿の地元奉仕者ら
約200人の行列を伴い、春宮へと移されました。

春宮の鳥居をくぐった御霊代は、
神楽殿と幣拝殿を抜けて御宝殿に安置されました。
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=30540

8月1日の「お舟祭り」と呼ばれる賑やかな遷座祭に比べ、
春の遷座祭は行列だけで厳かに行われています。
このため「こっそり祭り」「ひっそり祭り」とも呼ばれています。
http://www.suwa.ne.jp/archives/000191.html

今年もこの春の遷座祭を
地元の方々が沿道にて見守っていらっしゃいました。

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報

信州の技 諏訪の絹

2014年02月02日 /

諏訪市諏訪1の呉服店「染と織 やまだ」(山田店主)で、
2月6日(木)から16日(日)まで
企画展「信州の技 諏訪の絹」が開催されます。

「染と織 やまだ」は、
諏訪地方で唯一の養蚕農家・牛山金一さんから春蚕を求め、
製糸は松澤製糸所(下諏訪町)へ依頼し、諏訪産の繭を使い、
絵柄は信州の風景、草花など
諏訪にこだわったオリジナル着物「諏訪の絹」を仕上げました。

現在、国内の絹製品のうち国産繭は1%ほどといわれていて、
山田店主は一昨年牛山さんを知り、
「貴重な諏訪産繭で着物を作りたい」という思いを募らせ、
昨年、「品質が良好」といわれる春蚕を生糸にし、訪問着などを仕上げました。

作品は大きな反響を呼び、
横浜市で開かれた「宝絹展」では、
色艶に優れた高い品質が話題を呼びました。

今年度は茅野市産の春蚕100キロを松澤製糸所で製糸、
織、描きは、
伝統工芸士で日本刺繍の第一人者・森康次さん、
布地の細い糸目に沿って金銀の糸を刺す「竹屋町刺繍」5代目の藤井長治さんが刺繍しました。

会期中、松本市の武井豊子さんが諏訪産の蚕糸と安曇野産の天蚕糸で織った帯や
皇室に納められた同タイプの帯も公開されます。
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=30531

イベントに関するお問い合わせは、
「染と織 やまだ」(TEL0266-58-0694)までお願いいたします。

吉本 順子

カテゴリー: スタッフブログ, 観光情報